201411月のカレンダー

Blog

2017.03.12
2月のお料理教室

雪解けが進んできましたね〜。ワクワクの季節です。 
食材はすでに春野菜がどんどん出てきました。 
春を食べましょう〜!!! 
 前菜 『 旬菜と豆乳のブランマンジェ 』  
豆乳のババロアを作ります。無調整のものを使うので お砂糖と塩も入れます。 
ソースは旬菜の菜の花と和の出汁で・・・。青臭さがなくなります。季節の桜エビで完璧に! 
3月のディナーメニューにもただいま出ています〜♪ 
301
 メイン 『 シュクレ風スペアリブの煮込み 』  
スペアリブ?というサイズじゃなくなってしまいましたが(笑)、かたまりのまま煮込み 
骨からもいい出汁を抽出しま〜す。ソースは煮汁を煮詰めて作ります。ちょっとスパイスをきかせて 
ちょっと濃い目のソースがおススメです。 
305  
302
 デザート 『 苺のタルト”2017″ 』  
2017年バージョンは、『食べたらタルト!』今のレストランのちょっとした流行り?でもあります。 
ミント入りのサクサクサブレを作って 苺と生クリームでさっくり混ぜて盛り付け。 
まさに持ち帰りのできないレストランデザート。苺の泡もかけて、これが今年の苺のタルト〜!!! 
ミントのいい香りが鼻からぬけます。 
304 
307 
308 
303 
   珍しく両手に花(男子)のレッスンの一コマ。男子にはちょっと冷たいシェフなのでした(笑)  
314
お休みのスタッフにかわって張り切るAちゃんKちゃんとAちゃん。手伝いなのか?足を引っ張っているのか?(笑) 
313 
みんないつもありがとう〜!!! 
309 
311 
312

2017.03.12
2月のお料理教室・月曜日クラス

春は本当にお天気が変わりやすく、びっくりしますね。 
それでもなんだか春が近づいてる事がわかるだけで、なんだかウキウキして  
くるのは 私だけでしょうか・・・? 
 
 前菜 『 旬菜のミルフィーユマリネ 』 
季節の菜の花・うるい(山形の山菜)をゆでて シュクレオリジナルのヴィネグレットでマリネして 
スモークサーモンとミルフィーユ状に重ねます。旬の野菜そのものを味わおうということで、 
あえて春野菜のほろ苦さをいかしました! 
32
 メイン 『 挽肉とマッシュルームのピラフ 』  
マッシュルームのピラフをフライパンで炊き込みご飯の要領で炊きます。 
そこへ ジューシーな鶏そぼろをかけて頂きます。2つの料理があわさって 大好評! 
『作りました〜!!』との報告をたくさんいただき、嬉しい限りです〜♪ 薬味的な青シソやスプラウト 
がまたいいアクセントになってくれるんですよね〜 ( ^ O ^ ) /
38
37
33
 デザート 『 苺のティラミス 』  
カスタードベースのマスカルポーネチーズムースを作ります。 
コクのあるティラミスになりますよ〜。ビスキュイは市販のクッキーを 
しかもコーヒーに浸さずにそのまま大きく割入れます。のちによい食感として活きますよ。 
そこへインスタントコーヒーの粉もそのままふりかけ、苺のピューレも直接かけます。 
これを2度繰り返しムースでフタします。冷蔵庫で1時間くらい寝かせたら出来上がり! 
クッキーの食感もあって、めちゃくちゃ大好評!おかげで近所のクッキーが売り切れて 
ラストのクラスのレッスンに慌てた私たちでした〜(笑)
35
36
34
         ↓今回も燃えまくってるSちゃんが、スタッフのようにお手伝い・・・真剣です・・・ 
31

2017.02.17
1月のお料理教室・月曜日クラス

今年も皆さんよろしくお願い致します! 
2月に入り、雪がだいぶ溶けて このまま春に突入するんじゃないか?って  
思わせてくれる天気・・・ずっと続いてくれると・・・・いいなぁ・・・・( ^ _ – ) – ☆
 前菜 『 自家製ツナとポテト 』  
赤身のマグロを使って、ツナを作ります! オリーブオイルの余熱で火を入れていく 
ので ゆっくり火が入り しっとりとしたツナができます。 
ポテトはミルクで煮て 生クリームで仕上げたポテトピューレを添えます。 
そこにちょっと強めのソース、タプナードソースをかけて頂きます! 
白ワインに、ぴったりの美味しい一品! 『ツナとは別物〜!!!』と大絶賛でした( *´艸`) 
24 
27  
                ↓あえて、大きくほぐして盛り付けました〜!!
25 
 メイン 『 ハーブ豚汁 』 
豚汁の基本はとにかく野菜を20〜30分はしっかり炒めること。 
それさえできれば、もうできたようなものです。炒めることで 素材の余計な水分をとばして 
野菜の甘さ・うまさが出るのだそうです。私もこれだけで、本当に通常の豚汁が美味しさ倍増になりました。 
ハーブ(タイムを茎のまま)と和風出汁を入れ、わいたらマスカルポーネチーズと味噌(通常より少な目)を入れて 
出来上がり〜!和風チャウダースープ?的な感じで とっても美味しい! 
30 
26 
 デザート 『 朱紅(シュクレ)風クッキー 』 
朱紅=シュクレと読みます。夜露四苦のノリです(笑)時代を感じます(笑) 
和のものを使うときに たまに出るちょっとした遊び心の名前です・・・。 
今回は2種のクッキー。サブレ=砂のようにボロボロ崩れるようなさっくりクッキー、 
ラングドシャ=代表的なのが 石屋製菓さんの「白い恋人」のクッキー生地。 
ちょうどサブレには卵黄1個・ラングドシャには卵白1個使用するので シェフが組み合わせてみました。 
サブレにはブルーチーズと粗塩を、ラングドシャには抹茶を使用。サブレのとにかくねらない、まとめない、 
を皆さんわかってくれたでしょうか? 
31 
32 
33 
28 
36 
                    ↓最近とみにやる気急上昇のSちゃん。お手伝いも欠かさない!
34